塾の形式

塾に通うと決まったら、まずはどんな形式の塾があるのかを知ることが必要です。授業を受ける人数やどんな風に指導してくれるかは塾によってまったく違っています。そこで、大きく分けて三つの形式の塾を紹介します。

大勢の人数で授業を受ける集団指導形式

集団指導形式の塾で最も大きいのが塾の友達、「塾友」の存在です。友達なら学校でも作れると考えがちですが、一緒に生活を送る学友と、勉強というただ一点だけで繋がりを持つ塾友は感覚が大きく違います。「友達…

詳しくはこちら

少ない人数で授業を受ける個別指導形式

個別指導形式の学習塾は、少ない人数で授業を受けるシステムが採用されており、集団授業と比べて担当の講師に質問しやすいというメリットがあります。また、苦手な箇所を繰り返して確認でき、期末試験や受験勉強…

詳しくはこちら

授業ではなく自分で学ぶ自習形式

学習塾にはいくつかのタイプがあります。その中でも人気があるのが自習型の学習塾です。これは映像授業や個別指導などと違い自習をメインとして勉強をするスタイルです。部活やバイトなどの時間を取りながら自分…

詳しくはこちら

指導の方針

進学が目的の進学塾

進学塾の方針は生徒たちを一つ上の学校に進学させることです。高校生なら大学受験、中学生なら高校受験といった形で受験を乗り越えることで進学できるため、基本的には受験指導をする仕組みになっています。受験…

詳しくはこちら

学校の授業の理解力を高める補習塾

一般的に補習塾とは、生徒が通っている学校の学習内容を中心に指導していく場所であると考えられています。学校の授業で理解できなかったことがあれば、理解力を高めるために指導し、復習を繰り返しながら基礎を…

詳しくはこちら

専門性を高める専門塾

受験予備校とは違って単に学習塾と言えば、家の近くにあって学校の授業の予習と復習をやり、通う生徒の成績を上げる昔ながらの塾を想像しますよね?しかし今はできるだけ早いうちから良い学校に入学したいという…

詳しくはこちら

マイペースに受験指導を受けることができる個別指導

受験に必要となる学習は、通常の授業の際の学習とは異なります。個別指導は、一人一人の生徒のペースに合わせて学習できるため、受験などでは役立つ存在です。