専門性を高める専門塾

学校の成績アップから受験にも対応できる専門性の向上

受験予備校とは違って単に学習塾と言えば、家の近くにあって学校の授業の予習と復習をやり、通う生徒の成績を上げる昔ながらの塾を想像しますよね?しかし今はできるだけ早いうちから良い学校に入学したいという利用者の期待が高く、高校受験だけでなく中学校受験の学習塾も花盛りです。そんな中にあってどの学習塾も受験を対象に専門性を高めており、むしろ有名中学や高校に何名合格したという実績をアピールポイントにして生徒の募集をしています。学習塾には生徒を指導し学校の成績を伸ばしてきた実績があり、それらを生かして更に専門性を高め、塾としての役割や業績を伸ばしています。学習塾も利用者あってのサービス業なので、時代の流れや個々のニーズに合わせて変化して行かないと、時代に取り残されて廃業してしまう厳しい時代であるともいえます。

科目ごとの指導から応用力を高める指導へ専門性も変化

従来から塾の指導は、英語と数学や国語などの科目ごとの指導が基本です。それらの科目ごとに基礎力を養い、その上で応用力を高めて行くやり方です。ところが近年の入試問題は、各科目の難易度を高めるだけでなく科目を複合した内容を出題し、学生の応用力を問う試験問題も出題されています。例えば学生に自国の歴史と文化に対する深い理解を期待し、英語や国語の入試問題に、社会科で習う歴史に関する内容を長文問題として出題するような形式です。これらは科目ごとの解き方では対応が難しく、出題傾向を分析して狙われやすい歴史や文化などの分野を集中して学習することが大切になります。そのような分析や指導方法などの専門性も必要になっていて、学習塾にはより柔軟な対応が求められています。