少ない人数で授業を受ける個別指導形式

苦手な箇所を繰り返して確認することができる

個別指導形式の学習塾は、少ない人数で授業を受けるシステムが採用されており、集団授業と比べて担当の講師に質問しやすいというメリットがあります。また、苦手な箇所を繰り返して確認でき、期末試験や受験勉強の対策など様々な目的で利用することができます。最近では、1週間の授業の回数や担当の講師を生徒が自由に指定できる個別指導形式の学習塾の数も増えており、小学生から高校生まで多くの受験生の間でニーズが高まっています。一般的に、個別指導形式の学習塾は、一回あたりの授業料が高いところや、夏休みや冬休みの授業の予約が取りにくいところもあるため、入会手続きを取る前に、説明会に参加して長く通えそうなところを選ぶことが肝心です。

難関校の受験に特化した学習塾も増えている

医学部や有名な国公立大学など難関校の受験に特化した個別指導形式の学習塾の数は全国的に増えており、効率良く受験対策を立てるうえで欠かせない存在となっています。こうした学習塾の中には、受験指導の経験が豊富な正社員が揃っているところや、現役生から浪人生まで幅広くサポートしているところが多くあるため、じっくりと目標にあるところを探すことがおすすめです。なお、塾によっては受験生の進路相談の対応や、外部の団体の模擬試験の実施をしているところもあり、受験まで学習意欲を維持することができます。その他、初めて個別指導形式の学習塾に入会をする際は、体験入会の制度があるところを選んで、実際に人気講師の授業を受けてみるのも良いでしょう。